株主優待生活 4日目(最終日)

今日は残りのクリエイトレストランツの優待です。 この優待は、かなり美味しいです。しゃぶ采、デザート王国、濱之屋、ローストビーフ星などいろいろなところで使えます。 本日は江戸前天丼・海鮮丼 濱之屋 の海鮮丼です。またまた1円でした(笑) そしてもう1食、濱之屋の上天丼とデザート王国のマンゴーヨーグルトです。優待券より安かったので、無料でした。 大体8万円くらいの投資で年4000円の優待券をもらえます。優待利回りはおよそ4.8%です。悪くない数字と思います。 ただし、今日気づいたのですが、優待の期限が延長されていました。株主としてきちんと情報をチェックしておくべきでした。優待の条件が変わったりすることはよくあるので、投資家としては自分の持っている会社の情報は日々チェックが必要ですね。

Read more
離れリフォーム

トイレ、シャワーブース、洗面台、洗濯機置き場が取り付きました。入居者さんも今日荷物を入れて入ってくれました。まだ若干の工事が残っていますが、とりあえず入ってもらいました。 Before After リフォーム業者さんもなかなか職人気質で、仕上がりにこだわるのかスケジュールが全然組めずに進めてしまっています。(´;ω;`)とりあえず大きな問題もなく引き渡せたので、良かったですが(笑) トラブルが無いように、入居者さんともうまくやっていきたいと思います。

Read more
太陽光でジャガイモ収穫?

今日は先週除草剤を撒いた、太陽光の土地の草刈りに行ってきました。 先週と比べると草が枯れていました。 因みに撒いた除草剤はこれです。これは1本500円程度で薄めて使えるのでコストパフォーマンスはかなり良いです。1本で270坪の敷地全体にまくことが出来ます。カインズホームで売っています。効果も結構ありでお勧めです。農地には使えませんが、太陽光の土地には問題無いです。 中国製の草刈り機で大きな草は一気に刈っていきました。しかしこの草刈り機なぜか、一回使うとその日はそのあと使えなくなってしまいます。一旦暫く使用していてエンジンを切ると、その日はエンジンがかからなくなってしまいます。たまにしか使わないので、安物でも良いかと思いましたが、一気にやりたい時は不便です。 手で刈れる場所は手で刈ってとりあえず綺麗にしておきました。 大きな草を全部刈る事が出来なかったので、とりあえずもう一度除草剤をまいて、上からかぶせておきました。あとはカインズホームで刈ってきた軽量ブロックで押さえておきました。 来週また草刈りして、防草シートを綺麗に貼ります。 タイトルにあるジャガイモは隣で畑仕事しているおばあちゃんが、暑い中大変だね~と言ってくれました。田舎はそういう暖かさが良いですね。

Read more
株主優待生活 3日目

今日はまたまた吉野家です。 豚チーズ丼にごぼうサラダセットでした。 クーポン使って30円引きからの優待券600円分を引いたら23円でした。 23円もポイントを使用したので、結果0円です。写真のオレンジジュースは家にあったのを入れただけです。今日もおいしいご飯でした。

Read more
株主優待生活 2日目

今日はほっともっとで株主優待券を使用しました。 今回はぴったり500円だったので、自己資金の投入は0円でした(^^♪旨辛唐揚げ弁当、最高においしいディナーでした。

Read more
激アツ資産運用導入編 2章.ステージにあった活動

資産運用にはこれをやれば大丈夫というのはありません。その人の状況に合わせた運用が必要になります。今回はそのステージ別でどうしたらよいかお話しします。 ステージ1 まずはしっかりと資金を準備 (資産を貯める) 資産が無いのにいきなり運用なんて出来ないですよね。まずは運用出来る資金を貯める事を頑張りましょう。そしてその貯めている間にしっかり勉強しましょう。このステージが最も大切で、このステージをしっかり超えていかなければ確実な資産運用は出来ません。 どのくらい貯めればいいのかというのは人によって異なってきますが、まず全ての人に当てはまるのは、緊急時の資金の確保です。これは病気やケガ、災害などで働けなくなってしまった時にとにかく生きていくための資金です。無収入になっても6か月分の生活が出来るだけの貯えは必ず用意しておいてください。会社員であれば雇用保険などもあるので、6か月分で良いと思いますが、私は出来れば1年分用意しておくことをお勧めします。1か月の生活に15万円かかるのであれば90~180万円は貯金として持っておいた方が良いでしょう。そこに医療保険なども組み込んでも良いと思います。1年あれば作戦を立てて、生活の立て直しも何とか出来ると思います。 そしてそれ以降の貯蓄(余裕資金)が実運用に回せることになります。具体的には緊急時の資金が100万円の人が100万円運用したい場合、200万円まではとにかく貯めてください。貯めながら自分にはどんな運用が向いているのか、世の中にはどのような運用があるのかしっかり準備しておくことが大切です。勉強してる間に、自分の目指す運用方法が変われば、目標貯蓄額も変わることもあると思います。しかしあなたが貯めてきたお金が無くなるわけでは無いので、貯めて損はありません。 メモ資産と一緒にスキルも貯めるようにしましょう。この時期でも収入の一部を自己投資に回すことは良い事と思います。むしろ若いうちはどんどん自分の可能性に投資してください。自分の市場価値が上がれば給料が上がったり、より高度な仕事が出来るようになり生活は安定してきます。 ステージ2 徐々に運用を開始する (運用を学ぶ) ステージ1の目標貯蓄額に達した後は、実際に運用していきましょう。このステージでは今まで机上で勉強してきた知識を実際に活用していきます。少々の損失は恐れないで実行することが大切です。まだまだ少額の投資の為、失敗してもまた頑張って貯めればいいと思います。ただし、無茶をしてはいけません。まだまだ経験不足なため、どこにリスクが潜んでいるか予測することが難しい状態です。そんな中で、考えられるリスクを避けながら勉強してきたことを実践していけば大きな失敗することなく少しずつ資産を殖やしていくことが出来ると思います。 日本という国は義務教育でしっかりとお金の勉強をしないため、ステージ1をとっくに超えているのにずーとステージ1に居座る人や、ステージ1をクリアしていないのにステージ2に乗り込んできてしまう人がたくさんいらっしゃいます。そうならないようにしっかり学び、行動を起こせるようにしていきましょう。 ステージ3 経験値を元にリスクを回避しながら運用資産を増やす (資産の拡大) ステージ2で得た経験と資産を元に資産を拡大していきます。経験値の高い投資家はリスクをコントロールすることが出来るため、より大きな資金をリスクを抑えて動かすことが出来ます。そのため、大きなリターンを求めた投資が出来、資産を拡大することが出来ます。 もし経験不足でこのステージに入ってしまうと、今まで運良く資産を増やしてきた人も、一気に失ってしまう可能性があります。必ず大きなリスクを負うときは、あらゆる対策を立てて実行するようにしましょう。 中にはステージ1からステージ2をすっ飛ばして、いきなりステージ3に行く人がいます。ほとんど経験もなく数千万円とか1億円もするようなマンションやシェアハウス等を融資を受けて行うのは絶対にやめてください。営業マンが売り込んできて今なら安くしますというのは全部嘘と思ってください。全員に今なら安くすると言っているのです。 ステージ4 頑張って構築した資産を守る(資産の保護) この領域に来た人は後は大きなリスクを負う必要は無く、とにかく安定的に運用します。無駄なコストやリスクを最低限に抑えることで、運用益だけで生活していくことも可能です。 例えば5000万円の資産があれば、運用益5%で回せれば毎年250万円の収入となり、ただただ生活するだけならこれだけあれば十分と思います。やはり1億円を5%で運用して、毎年500万円の運用益というのが、たくさんの人が憧れる生活なのかなと思います。(人それぞれですが。。。)資産運用でこのステージまで登ってきた人たちであれば、利回り5%というのはそれほど難しくないレベルではないのかと思います。 皆さんは今どのステージでしょうか?正しく学び、ステージに合った運用を実行していきましょう。 こちらの内容動画も作成しましたので、良かったらご覧ください。 次回は 3章. 資産運用の基礎です。

Read more
残り期限が( ゚Д゚) 株主優待

昨日は株主優待が来て喜んでいましたが、去年貰った株主優待券で5月末期限のものがいくつかありました。 あと4日で総額4200円分の優待食事券の期限が切れてしまうので、今日から毎日使うことにしました。ここで使いきれなかったら桐谷さんには追い付けないですからね(*´▽`*) 今日は吉野家で持ち帰りを購入しました。アプリのクーポンで30円引きと、優待券300円x2枚使用出来ました。 結果支払金額が1円でした(笑) あと3日株主優待生活を楽しんでいこうと思います。

Read more
DIY 玄関照明の取付けとテレビケーブルの補修

玄関照明 戸建て物件の離れに借主が決まったのですが、玄関照明が無いため取り付けました。マグネット付きで電池式なのでとっても便利で簡単でした。取り外し携帯も出来るので、非常時にも役立ちます。今はネットで格安でなんでもそろいますね。 テレビケーブル テレビケーブルがこんな感じだったので、カインズホームで部品買ってきて自分で取り付けてみました。テレビが見れることも確認できたので良かったです。非常に簡単に出来ました。材料費は498円です。作業時間は10分くらいでした。 人感センサー ライト 電池 人感センサーライト 人感センサーライト LED LEDライト 玄関 照明 | 電池 自動点灯 蛍光色 電球色 自動点灯 自動消灯 おしゃれ 屋内 防犯 室内 乾電池 電池式 ギフト ポイン 楽天で購入 【3個セット】センサーライト 屋内 人感センサーライト フットライト クローゼット 足元灯 10LEDライト 【キッチン/台所用】【貼り付け式】 電池式 昼光色 夜間 照明 LEDライト 乾電池式 屋内/玄関/ガレージ/階段/廊下/地下室/寝室/収納棚/浴室キャビネット【佐川急便】 楽天で購入

Read more
株主優待

本日株主優待が届きました。 プレナスという会社です。「ほっともっと」や「やよい軒」を運営している会社です。2月末にこの株を所有していれば2500円分の食事券がもらえます。株価は本日の終値1885円でした。100株単元の株なので、19万円位の投資です。我が家は夫婦でこの株を持っているので、5000円分ゲットしました。コロナの影響で外食は自粛傾向ですが、弁当はむしろありがたいですね。優待利回りは1.3%なのでそれほど良くは無いですが、ほっともっとはご飯(ライス)がとてもおいしいので、とりあえず嬉しいです。 また他の優待券も来たら報告します!それでは乞うご期待。

Read more
激アツ資産運用導入編 1章.目的、ゴールを明確にする

何故資産運用が必要なのかというのは人によって理由は様々だと思います。ここは投資のテクニックなんかよりも、最も重要です。誰かが必要だと言ったからやるのではなく、自分が何故必要なのかをきちんと考えを持つことが大切です。何故ならすべて自分の判断、責任で行うからです。親も友人も先生も、あなたと異なる立場、仕事、価値観を持っています。人によっては共通の部分もあると思いますので、そこは同じ考え方でも良いですが、全部同じという事はあり得ません。また同じ人であっても、時と共に環境が変わり別の判断が必要になることがあることを忘れないでください。頑固に一度決めたことを貫くことが重要ではなく、自分にとって大切なものを守るのが最も重要で、その判断が出来るのは自分ただ一人です。 前置きはこれくらいにして、一般的に資産運用が必要な理由(目的)として次のような例があると思います。 年金が無さそうで老後の生活が不安 子供の養育費・進学費用が心配 何かあった時に困らないようにしたい 仕事辞めたい とにかく金持ちになりたい 経済的自由を手に入れたい これらの中の1個も当てはまらない人はもしかしたら資産運用が必要ないかもしれません。1個かもしれないし全部かもしれませんが、当てはまるものがある人は資産運用方法を知っておいて損は無いと思います。 それではどうなったらこれらが解消されるのか、ゴールを考えてみてください。 年金が無さそうで老後の生活が不安 → 老後の資金が2000万円あれが良い? 子供の養育費・進学費用が心配 → 大学進学に1人1000万円あれば良い? 何かあった時に困らないようにしたい → 何かって何?どうやったら困らないの? 仕事辞めたい → どうなったら仕事辞めても大丈夫? とにかく金持ちになりたい → 金持ちってどんな状態? 経済的自由を手に入れたい → 経済的自由って何? これってやっぱり人によって目的も違うし、目的が同じでもゴールが違うと思います。 例えば一番多くの人が抱えてそうな1個のケースで考えてみましょう。 年金が無さそうで老後の生活が不安 夫婦老後で賃貸生活の場合 (生活費15万円+家賃6万円)/月 x12カ月 +その他費用30万円 = 282万円/年 持ち家の場合   生活費15万円 x 12カ月 +その他費用50万円(固定資産税や修繕費の分多い) = 230万円/年 賃貸生活で、月に6万円の年金が入るとしたら 282万円-6万円x12カ月=210万円/年の費用が掛かります。65歳から95歳まで、30年生活するとしたら6300万円必要になります。30年の生活費を30年で貯めるには1年分の生活費を1年で貯める必要がありますね。要するに毎年210万円貯め続けることが出来ますか?これはかなり質素倹約な生活をしてこの額のですからね。ほとんどの人が難しいのではないでしょうか。 正直老後何歳まで生きるかわからないので、6300万円あってももし105歳まで生きたら全然足りないですよね。私だったら貯蓄額を目標値にするのではなく、年間210万円稼ぐことのできる資産を保有することをゴールに設定します。 こうなると絶対に資産運用が必要になってきます。こんな感じで目的、ゴールを設定してみてください。 こちらの内容の動画も作成しましたので、良かったらご覧ください。 それでは次回は 2.ステージにあった活動 です。

Read more