激アツ お金の貯め方 No.02 自動で貯める

お金というのはあると使ってしまうので、無い物と思ってしまえば自動的に貯まります。一番良いのは収入が入ってすぐ、貯めたい額を最初に自分の手の届かないところに移すのが最も効果的と思われます。

私のお勧めはこちらになります。上から順にお勧めです。

1.財形貯蓄:給料から天引きされて別の口座に移ります。1度も自分の手に入らず会社が本人の別の口座に貯めてくれるので、気づいたときには結構貯まっています。非常事態で引き出したい場合はいつでも引き出せます。会社によってはそのような制度が無い会社もありますので、会社の総務などに相談してみてください。

2.積立定期預金:銀行の普通預金口座から毎月一定額、別の口座に積立します。一旦自分の普段使用している口座にお金が入っているので、引かれるのが見えてしまいますが、それでも安定して貯金出来ます。途中解約すると定期預金の金利分が無効になりますが、そもそも金利自体ほぼ無いようなものなので、気にしなくて大丈夫です。

3.貯蓄型生命保険・医療保険:もしもの時の保険でもありながら貯蓄も出来るので入っていた方が良いと思います。あまり大きな金額は掛ける必要はありません。生命保険控除の範囲内で収まるようにしましょう。

4.キャッシュレス決済:クレジットカードや電子マネーで決済するようにしましょう。ポイントがじゃんじゃん貯まり、気づいたら1万円、2万円というのは珍しくありません。キャッシュレスポイント還元が終わった後も、キャッシュレスの方が絶対にお得になります。クレジットカードは楽天カードが年会費も無く還元率も1%とお得です。ポイントの種類を出来るだけまとめて、多くても3種類くらいに絞り込むと分かり易くて、ポイントも貯まりやすく良いと思います。以前はリクルートカードプラスという決済額の2%のポイントが貯まるカードがあったのですが、新規発行は停止になってしまいました。

5.積立投資信託:中長期(5年程度以上)で貯金したい場合はお勧めです。NISAなどで行うと税金もかからず良いと思います。但し1年、2年の短期で貯金したい場合はお勧めしません。積み立てた額を下回る確率が高くなります。

6.持ち株会:もしあなたやご家族が上場企業にお勤めの場合は検討しても良いかもしれません。会社によりますが、大抵積み立てた額に5%程度の上乗せを会社が行ってくれます。投資信託よりも不安定ではありますが、お勤めの会社の業績が上がれば積み立てた額よりも多く貯まりますし、上乗せ分もあるため、比較的元本は割り難いと思います。しかしこれも短期間でやるのはお勧めしませんので、最低でも5年以上位のスパンで積み立てると良いと思います。

1~4までは皆さんやった方がいいと思います。(1と2はどちらかで良いです)5と6は貯金というよりは運用になりますので、何かの目的で貯めるための貯蓄には向きません。ただし、比較的安定的に積み立てれるのは確かですので、参考にしてください。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

CAPTCHA