激アツ 株式投資の基礎 No.03 株価の見方・決まり方

株は売りたい人と買いたい人の価格が一致した時に株価が決まります。今回はその決まり方、注文方法、価格の見かたなどの基礎をお伝えします。

株価の成立方法
①板寄せ方式:売買時間外の注文をまとめて価格を決める
②ザラバ方式:売買時間中の注文を成立させる
少し複雑な説明になるため詳細は省かせていただきます。→参照

注文方法
①指値:値段を指定して注文
 メリット 希望の値段より悪い条件で売買しない。
 デメリット 買売出来ないこともある。

②成行:値段に関係なく売買する注文
 メリット よっぽど出来高が少なくない限りほぼ売買を成立させることができる。
 デメリット 予期せぬ高値買い(安値売り)をする可能性がある。
*ストップ高、ストップ安という一日の上限と下限が決まっているので、それを超えて売買されることはありません。


下の表を「板」と呼び、注文の状態がわかります。
こちらの表では2155円で200株売り注文があり、それが最も安い売り価格です。
2153円で300株の買い注文が最も高い買い注文になります。
例えば400株の成り行き買い注文をすると、2155円で200株、2156円で200株買えることになります。

ローソク足
過去の株価を見ることが出来ます。
陽線:前日終値よりも値上がり
陰線:前日終値よりも値下がり
(分足、日足、週足等がある)

移動平均線
ローソク足を並べて作ったチャートの中にある、一定期間の平均価格を日々計算して出した「答え」の線です。
例えば5日移動平均値は5日分の平均価格となります。長期の移動平均線の方が緩やかな変動をします。

勉強になったでしょうか?まずは基礎からきちんと理解していきましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

CAPTCHA