激アツ資産運用導入編 4章.投資の種類

投資というのは種類によってリスクもリターンも大きく異なります。それぞれの特徴を理解し、自分に合った投資を選ぶことが大切です。この章では代表的な投資の種類と特徴を説明します。 株式投資:会社が資金調達をするために発行します。価格の変動が大きく、リスクが大きいですが、リターンも大きいです。主なリターンは配当、株主優待、売却益です。 債権:国(国債)や会社(社債)が借金をする時に発行します。株式と比べ価格変動が小さく、低リスクで安定して利息を受け取ることが出来ます。 投資信託:様々な金融商品をプロが運用して、小分けにして販売されています。既に分散されているためリスクは比較的低く、少額から始められます。 不動産投資:家賃収入という安定したインカムゲインが得られます。年金対策や生命保険替わりにもなります。但し流動性が低くすぐに換金出来ないのがデメリットです。少額で始めるのは難しい投資です。 FX(外国為替取引):レバレッジをかけて少ない資金で大きな投資ができます。レバレッジによってリスクをコントロールできますが、比較的リスクは大きな投資となります。ただしリターンも大きく、通貨によっては持っているだけでスワップ(金利差)を得ることが出来ます。 貴金属:金やプラチナ等、世界共通の価値を持つ現物資産です。無価値になることは無いですが、利息や配当などのインカムゲインはありません。 仮想通貨:インターネット上でどこでも誰でも買うことが出来る流動性の高い資産です。価格変動が株式以上に激しく超ハイリスクハイリターンな投資です。国家を超えての送金が容易なのも特徴です。株式同様投資額以上の損をすることはありません。 謎の投資:「これをやれば絶対大丈夫ですよ」など意味の分からない謎の勧誘は基本的に詐欺と思ってください。自分が理解できない投資は絶対にやるべきではありません。上述の投資でも、自分が理解できなければ謎の投資に該当すると考え、投資対象から除外しましょう。 特性を表にまとめましたのでご覧ください。 投資の種類 キャピタルゲイン インカムゲイン 安定性 インフレ耐性 流動性 預貯金 – – ☆☆☆☆ ☆☆ ☆☆☆☆☆ 株式投資 ☆☆☆☆☆ ☆☆☆ ☆☆ ☆☆☆☆ ☆☆☆ 債権 ☆ ☆ ☆☆☆☆ ☆☆ ☆☆☆☆ 投資信託 ☆☆☆ ☆☆☆ ☆☆☆ ☆☆☆ ☆☆☆ 不動産投資 ☆☆☆ ☆☆☆☆☆ ☆☆☆☆ ☆☆☆☆☆ ☆ FX ☆☆☆☆☆ ☆☆ ☆ ☆☆ ☆☆☆☆ 貴金属 ☆☆☆☆ – […]

激アツ資産運用 導入編 3章.資産運用の基礎②

投資の利益(インカムゲインとキャピタルゲイン) 投資の利益というのは2種類ありそれぞれについて説明します。 1.インカムゲインある資産を保有することで安定的かつ継続的に受け取ることのできる収入。例:株の配当、家賃収入、預貯金の利息、スワップ特徴:安定しているが、大きな利益が出にくい 2.キャピタルゲイン資産を売却することによって得られる利益(売却益)。売値ー買値ー諸経費=売却益特徴:不安定であるが、大きな利益を出すことも出来る。 分散投資 資産を分散して所有することで、価格の下落に対しリスクを分散する最も基本的かつ、安全な投資方法です。 ・分散の種類資産の分散:現預金・株式・投資信託・不動産等通貨の分散:円・ドル・新興国通貨など国の分散:投資対象国の分散時間の分散:長期分散投資、ドルコスト平均法等 それぞれの特徴等はまた別の機会にご紹介させていただきます。 分散投資のメリット何といってもリスクを抑えられることでしょう。複数のものに投資することで1つの投資対象の価値が下がってもその1つの投資金額は全体に比べたら少ないので、ダメージを軽減出来ます。 分散投資のデメリットリスクが少ない代わりにリターンも少ないです。また複数の分野・種類に投資する必要があるため、投資の販売手数料にが割高になります。さらには自分の投資対象の運用状況を事細かに監視することも必要となり、労力もかかります。 複利の効果 複利運用とは投資で得た利益を元本に含めて再投資することです。利益からも利益を出すことが出来る為、指数関数的に資産を増やすことが出来ます。100万円を年10%で25年間運用した場合、複利と単利では、利益に700万円もの差が生まれます。この複利を最大限活用するには少しでも早く運用を始める事です。 動画も作成しましたので、良かったらご覧ください。 次回は 4章.投資の種類 です。よろしくお願いします。

激アツ資産運用 導入編 3章.資産運用の基礎①

資産運用とは自身の持つ資産を貯蓄・投資し、効率的に資産を増やしていくことです。要するに貯蓄や投資を組み合わせていいとこどりをして増やしていくという事です。 ざっくりいうと「貯蓄」ローリスク・ローリターン、「投資」ハイリスク・ハイリターンというイメージですね。代表的な例としてはこれらがあると思います。 貯蓄型資産運用:預貯金等投資型資産運用:株式投資、不動産投資等 現在普通預金の金利は0.02%とかです。100万円貯金したら年間200円利息をもらえるという事です。そこから税金引かれると160円です。全然増えないですね(泣)但し元本は保証されています。 株式投資の場合は100万円の株が1年後に500万円になるかもしれないし、会社が潰れたら0円になるかもしれません。怖いですね。 リスクとリターンは必ず対になります。ローリスクハイリターンという投資商品は基本的にありません。そのような投資案件を紹介されたら必ず詐欺を疑ってください。 次回は3章の続きでこれらの解説をします。 投資の利益(インカムゲインとキャピタルゲイン) 分散投資 複利の効果 よろしくお願いします。